東京の「コンフォートホテル」で1か月テレワークしてみたら快適すぎた

2020年からの1年のうちに都内だけで4店舗がオープンし、全国で50店舗以上展開している「コンフォートホテル」。

テレワークに打ってつけの設備を備えていて、コスパも抜群なんです。

本稿では、2年間ホテル暮らしをしているKが、コンフォートホテル清澄白河で1か月テレワークした感想をまとめました。

 

『コンフォートホテル』ってどんなホテル?

コンセプトは「快適性と機能性を重視した宿泊特化型のホテル」というコンフォートホテル。

他のビジネスホテルには備わっていなかった

「これ、地味に嬉しい!」

という設備を多く備えているんです。

東京限定!2021/12/31まで1泊3600円で泊まれる回数券あり!(しかも朝食つき)

テレワーク先にコンフォートホテルを選んだ理由は、そのコスパの良さ。

2021/12/31まで、都内限定で1泊3600円の回数券(5泊分)が買えるんです。

この回数券で延泊すれば、30日間だと108,000円

今回泊まった清澄白河の1Kの家賃相場が98,000円なので、1万円しか変わりません。

ホテルには朝食と清掃、コワーキングスペースとして使えるブックカフェもあるので、破格ではありませんか?

正規料金の4500円としても、30日間で135,000円。

コワーキングスペースを契約すると通常20,000~30,000円/月するので、
135,000円/月だとしても朝食や清掃もある分お得です。

 

東京は日本で一番”地価とホテル相場の差が激しい”=ホテルがお得なエリア!

設備やサービスが整ったホテルが賃貸と同レベルの料金って、普通だと考えられません。

出張が多い方はお気づきかもしれませんが、東京ってめちゃくちゃビジネスホテルが割安なんです。

地方だとビジネスホテルは1泊4,500~5,000円前後が普通。

一方で、1部屋当たりの家賃相場は東京がぶっちぎりで全国1位。

(全国賃貸管理ビジネス協会より引用)

東京は世界でも有数の地価とホテル価格の差が激しい、テレワークするにはお得な地域なんです。

海外に旅行すると感じますが、日本のビジネスホテルはコスパが良すぎです。

物価の安い東南アジアでも、ここまで清潔でサービスの行き届いたホテルはなかなかありません。
あったとしても、1泊の値段は5000円前後にあります。

 

こんなビジネスホテルを探してた!コンフォートホテルの設備を紹介

 

ポイント① コワーキングスペースとして使えるお洒落なブックカフェ

コンフォートホテルをテレワーク先のホテルとしておすすめする一番の理由は、
お洒落なブックカフェが利用できること。

・朝10時~夜12時の間使用できる
・気分転換に様々なジャンルの本が読める。
・コーヒーや水が飲み放題
・Wifiも早い!

普通に契約すると月2~3万円かかるようなコワーキングスペースが、宿泊者は無料で使用できます。

こういうスペースがあるビジネスホテル、なかなかないんですよね。
あったとしても夜20時には閉まるなど、利用時間に制限がある場合はほとんど。

でも、夜に追い込んで作業をしたいときってありませんか?
そういう時にすぐ近くにベッドがあるホテルの部屋だと集中できないんですよね…

夜12時まで使えるこのブックカフェは、テレワークするにはうってつけな設備です。

 

注意点としては、店舗によってブックカフェの広さが異なる点。
都内だとカフェが狭かったり、電源数が限られている店舗もあります。

コンフォートホテル清澄白河は各席に電源もあって、広さも十分なので重宝しています。

テレワーク用の備品の無料貸出も利用できます。

本は旅や世界をテーマにしたものが多いです。
写真が多めの本はいい気分転換になりますね。

コーヒーや水も飲み放題!
コーヒーは、ちゃんと豆から抽出したエスプレッソマシンです。

 

ポイント② 健康的な朝食ビュッフェが無料

テレワークしていると心配になるのが、食習慣

ホテルは自炊はできないので基本的に外食ですが、そうなると栄養が偏りがちですよね。

朝食付きのビジネスホテルは多いですが、野菜の種類が少なかったり栄養面では不安なものが多いです。

野菜の種類が豊富なビュッフェの付いたホテルもありますが、
1泊5000円を超えるところがほとんど

コンフォートホテルは宿泊者には無料の朝食ビュッフェが付くのですが、
『健康朝食』を銘打っているだけあって栄養面でも考えられたメニューとなっています。

野菜サラダには緑黄色野菜や根菜が混ざっており、野菜スープにはキノコ類が入っています。

また、3種類の野菜スムージーもあります。
これが美味しい!

ビュッフェの種類自体はそこまで多くないのですが、
栄養面のバランスが考えられていてコスパ抜群です。

 

ポイント③ 気晴らしの散歩におすすめ。都心でありながら緑が豊富な環境!

作業が煮詰まってくると、ちょっと外を散歩したくなりますよね。

都心だとなかなか緑の多い場所はないのですが、
コンフォートホテル清澄白河は周囲に大きい公園や川が多く気持ちいい散歩コースに恵まれています。

個人的にこれはかなり高ポイントでした。

 

・清澄庭園

東京都指定名勝に指定されている清澄庭園が、徒歩5分圏内にあります。
紅葉のときは特にきれいなので、週2~3回は散歩しています。

清澄庭園の隣にある清澄公園も良い散歩スポット。

 

・MOT(東京都現代美術館)

ホテルから15分ほど歩くと、都内でも指折りの現代美術館であるMOTがあります。

面白い企画展も多く、新しい展示が始まったら毎回足を運んでいます。

 

 

・木場公園

MOTの隣には、都内有数の面積を誇る木場公園があります。

ドッグランができる場所があるので、犬を連れた人も多く見かけます。
犬好きには癒しスポットです。

 

・小名木川

ホテルのすぐ近くを流れる小名木川。
川沿いの道が気持ちよくて、毎朝散歩しています。

 

まとめ

2年間テレワークをし、全国のビジネスホテルを渡り歩いてきましたが、
コンフォートホテル清澄白河はテレワークするにはうってつけのコスパ抜群なホテルです。

もう賃貸は借りず、ずっとここに住んでもいいんじゃないかなと思っています(笑)

自宅での仕事に煮詰まった場合は、数日でも利用してみてはいかがでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です