メルカリ不用品⑤ すぐに売れるための必須テクニック「上位表示」

前回までは、出品段階における写真や説明分のテクニックを解説しました。

ここからは、販売後に商品を上位表示させ、人目につかせる(=売れやすくする)テクニックを解説します。

 

1. メルカリにおける“上位表示”の考え方

上位表示させれば、人目に付きやすくなり売れやすくなります。
例えば、Google検索で調べ事をするときも、上位のページから見ていきますよね。

しかし、重要なのはメルカリとGoogleで上位表示の仕組みが違いです。

メルカリでは、「タイムライン」という方式が取られています。

「タイムライン」方式の例で言うと、FacebookやTwitterなどのSNSが挙げられます。
最新の投稿から順に上位表示されるので、新しい情報から順に目に付くことになります。
(いいね数などに応じて多少変動することはある)

メルカリも同様で、新しい出品が上位表示されます。
つまり、出品した瞬間が一番売れやすいのです。

出品時間を、閲覧者が一番多い20~23時頃にした方が良い理由もここにあります。
見ている人が多い時間帯に出品したほうが、売れやすいということですね。

そしてもう1つ大事なことは、1日に売れるメルカリの商品のうち、7割近くはその日に出品された商品ということである。

すなわち、出品した(=上位表示させた)その日が最も売れやすいということです。

よって、メルカリで毎日売れる状況を作るには、「毎日、上位表示させる」ことが必要となる。

では、どうやって上位表示させればいいか。
方法は主に2つあります。

①100円以上値下げする
②再出品する

今回は上記2つの方法を、注意点も交えて紹介します。
※注意点をしっかり頭に入れておかないと、上位表示されないか最悪アカウントが凍結されることもあるのでご注意下さい。

 

2. 上位表示テクニック①“100円値下げ”

こちらは一番簡単な上位表示のテクニックです。
基本的には、この方法で毎日上位表示させれOKです。

やり方は非常に簡単。

タイトル通り、商品の金額を100円以上(1000円以下の場合は8%以上)値下げするだけです。

(手順)
① マイページを開き、「出品した商品」を押下。
② 上位表示させたい商品を選択し、商品ページ右下の「商品の編集」を押下
➂ 販売価格を100円(1000円以下なら8%以上)値下げして、編集を完了させる。


毎日なるべく多くの商品を上位表示させれば、その分売れやすくもなります。

ただし、上位表示されるにはいくつかの条件が存在します。
これらの条件を守らないと、せっかく作業しても無意味となってしまうので注意して下さい。

ルール①:
前回の価格編集から12時間以上たっていないと、値下げしても上位表示されない。
※多少の時間のばらつきあり

ルール②:
値下げしてすぐに価格を元の金額に戻しても上位表示はされるが、次回は200円、その次は300円というように、値下げ金額を100円ずつ増やさないと上位表示されない。
例)2000円の商品を1900円にし、すぐに2000円に戻したとする。その次の価格編集では1800円にする必要があり、またその次は1700円にする必要がある。

ルール①を踏まえると、1商品あたりの1日に上位表示できる回数は最大で2回ということになります。

閲覧者の多い19~24時頃の上位表示を優先するとして、あとは午前中に行いましょう。

また、上位表示を行う上での注意点もいくつかあります。
上位表示には規約による明確な規制はないのですが、やりすぎると一定期間の出品制限、また悪い場合にはアカウントが凍結したという報告例があるのです。※数はそれほど多くありません

あくまで目安ですが以下の注意点も守るようにしましょう。

★注意点★
① 上位表示させる商品数は、1時間あたりに10商品くらいに留める
② 1日あたりの上位表示回数は、50回以下に留める

3. 上位表示テクニック②“再出品”

先ほどは100円値下げによる上位表示法をご紹介したが、この方法には問題点がある。

それは、何回も行うと価格が下がり続け、利益が取れなくなってしまう事です。

利益が取れないなら、販売する意味はないですよね。
なので、「これ以上値下げすると利益が少なくなりすぎる」というところで値下げをストップする必要があります。

では、それ以降は上位表示ができないのか?

そこで活用するのが、上位表示テクニック② “再出品”です。

こちらもやり方は簡単。
全く同じ写真、タイトル、文章、そして値下げする前の初めの価格で出品し直すだけです。
そして、元の値下げしきった出品は停止させましょう。

(手順)
① マイページを開き、「出品した商品」を押下。
② 再出品させたい商品を選択し、タイトル と 商品説明をコピーする。
※一度にタイトルと説明分の両方はコピーできないので、メモ帳などに貼付するとスムーズ
➂ 全く同じ写真、タイトル、文章、初めの価格で出品し直す。元の出品は「商品の編集」から削除しておく


これで、値下げ前の価格で再び出品されます。
あとは、売れるまでまた 上位表示テクニック①“100円値下げ” を繰り返せばOKです。

この繰り返しで売れない場合は、画像や文章、価格の見直しをしましょう。

ただし、この方法にもいくつか注意点が存在します。

再出品にも規約による明確な規制はないのですが、やはりやりすぎると一定期間の出品制限、またはアカウントが凍結する可能性があります。

こちらもあくまで目安ですが、以下の注意点を守るようにしましょう。

★注意点★
① 再出品の1日当たりの上限数は、評価数30を超えるまでは8品以下にする。評価数30~100は20品以下、評価数100以上なら1日の上限数は30品にする
② 同じ商品の再出品は、3日は空ける

このように、再出品の許容数はあまり高くありません。
基本的には100円値下げによって上位表示させ、再出品は下限に達した時のみにしましょう。
その方が労力もかかりません。

また、頻繁に再出品しなくて済むよう、6回以上(=600円以上)は値下げしても利益の出る価格でスタートすることをおすすめします。

例えば、リサーチにより売れる相場が3000円だったなら、3600円くらいでスタートしましょう。

4. まとめ

今回の内容を以下にまとめます。

・メルカリで売れやすくするには、毎日上位表示させることが必要
・基本的には100円値下げで上位表示させる
・下限価格に達したら、同じ情報&スタート価格で再出品する

 

ここまでの内容で、不用品をより高く売る方法は習得できたかと思います。

まだメルカリで販売したことのない方は、ぜひ実際に売ってみて下さい!

※ もし満足いく結果が出なければ、相場の再確認と画像・文章の再リサーチをしましょう。

 

次回からは、いよいよビジネスとしてのメルカリ運用を解説していきます。

まずは、“売れる商品のリサーチ方法”です。

その後、

・商品の仕入れ先でのリサーチ
・発注方法
・出品
・販売の拡大方法

この順番で説明してきます。

これらを読み進めれば、

「副業としてメルカリで月5万円ほどの収入」
「さらに本格的に取り組み、月20~30万円の収入」

を得る方法について理解して貰えるかと思います。

これまでの内容を読んで、メルカリをビジネスとして取り組んでみたいと思ったら、次回以降の内容もぜひ読み進めてみて下さい!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です