メルカリ不用品販売② より高く売れる商品説明の書き方

前回の記事では、メルカリで高く売る5つのコツと、
見映え良い写真を撮るテクニックついて説明しました。

(高く売るために必要な5つの指針)
①写真を魅力的にする
②購入者が気になる情報を説明に載せる
③買った後の未来をイメージさせる
④相場を元に価格を決める
⑤検索されやすいワードを入れる

今回は、5つの指針のうちの②について解説します。

 

1. ②購入者が気になる情報を説明に載せる

メルカリで商品を売る上でまず意識すべきことは、
よく分からない商品は買われない です。

メルカリには数百万人という出品者がいます。
つまり、自分が売る商品にはほぼ必ず競合がいる、と考えるべきです。

閲覧者には無数の選択肢があり、ちょっとでも疑問や分かりにくい点があると購入候補から外されてしまいます
メルカリではコメントで商品について質問することもできますが、多くの人はその手間すらも嫌うのです。

よって、質問する必要もないほど情報量を充実させることが重要です。

その為にはどうすれば良いか?

最も手っ取り早いのは、写真の時と同じく上手なライバルセラーの説明文を真似することです。

商品によって多少の違いはありますが、載せるべき情報は主に以下の通りです。

– 商品のスペックを明記する
– 中古なら状態を明確に記載する(写真も使って説明する)
– 注意事項を載せる

順番に見ていきましょう。

2. 商品のスペックを明記する

「スペック」とは、例えば以下のような情報です。

・サイズ
・材質
・機能
・付属品

例えば服ならサイズ、材質が必要です。
サイズもS/M/Lのみでなく、着丈や肩幅、袖丈などより細かい項目が求めらます。

アクセサリーも、例えば指輪なら何号か、また宝石の縦横の長さも載せた方が良いですね。
箱や保証書といった付属品の有無も書いた方がいいでしょう。

家電類だと機能に関する簡単な説明があると購入する立場としては分かりやすいですね。
説明書があるなら事細かに書く必要はないですが、「何ができる商品なのか」箇条書きで書きましょう。

とはいっても、自分が売る商品にどのようなスペックを載せたらよいか。始めは分からないですよね。

そこで参考になるのが、ベテランセラーの文章です。

 

以下に参考になるメルカリ説明文の実例を載せてみました。

<メルカリより引用>

また、楽天市場の商品説明も参考になります。
楽天は数あるサイトでも特に、説明部分に力を入れています。

<楽天市場より引用: https://item.rakuten.co.jp/try3/4974305216717/>

3. 中古なら状態を明確に記載する(写真も使って説明する)

中古の商品を売る場合は、「届いたらイメージと違った」というクレームを無くすためにも、写真も使って正確に状態を伝えることが必要です。

状態が不明瞭だと感じると、閲覧者もページから離れてしまいます。

以下に、中古服の状態について説明した例を挙げます。

服のしみについて、拡大写真をアップし商品説明にも明記していています。

衣類の場合は、自分が着用した感想(サイズ感、肌触り、デザインなど)を載せると購入者としてはより分かりやすいですね。
楽天などのサイトでレビューを参考に購入する人が多いのと同じ理屈です。

また、家電の場合は箱や説明書、ケーブルなど、付属品が付いているかも明記しましょう。

4. 注意事項を載せる

取引する上での注意事項を、説明文の最後に付けることも忘れないようにしましょう。

注意事項を載せる主な目的は、クレームが来る可能性がある事柄について、予め説明してクレームになりにくくすることです。

注意事項の内容は、商品のカテゴリ、また新品か中古でも異なります。
ここでもやはり競合の注意事項を参考にしましょう。

以下に注意事項の記入例を挙げます。

<メルカリより引用>

基本的には、以下のような説明を載せましょう。

・中古の場合は状態を確認し、納得の上購入して貰うこと
・輸入品の衣類に糸のほつれなどあった場合は、返品対象にはならないこと
・保証がある場合は、その適用範囲
・喫煙者の場合は、匂いについて

5. まとめ

本稿の内容を以下にまとめます。

・商品説明も、まずは高評価の競合セラーを参考にする
・サイズや機能など、商品のスペックを明記しよう
・中古の場合は、損傷状況を写真と文章でしっかり記載しよう
・クレームが来る可能性がある事柄について、注意事項として予め説明しよう

 

次回は

③買った後の未来をイメージさせる
④相場を元に価格を決める

以上の2項について説明します。

メルカリ不用品➂ 商品が売れやすくなる小技と、売れる価格の設定(重要!)

特に④の販売価格の決め方は非常に重要です。
たとえ写真や文章がよくても、相場から大きく外れた金額だと売れません。

今回の記事が参考になりましたら、ぜひ次回の記事も読み進めて下さい。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です