梅雨?5月病?コロナ鬱?一発でアゲる4つの方法と習慣 セロトニンをコントロールせよ

アガらない

僕の日常はノマドワークとライフワーク=テニスの2成分で構成されているので、リュックにラケットとPCを詰め込んでクロスバイクで走り回る生活です。

なので大体外ですしそんなにネガティブにならないんですよね。

しかし、ここ最近梅雨で曇っていて朝起きれない日々が続いています… 起きると昼近いとかヤバすぎですよね。遅れてきた5月病的な?

曇って暗くて気分アガらない梅雨なのですが、ここは科学的な?視点から気持ちがアガる方法を調べて、実践して吹き飛ばしてみようと思います。

気分が上がらない原因は「太陽光」を浴びる量が少ないから

梅雨の季節に気分がアガらない最大の原因はズバリ「太陽光不足」です。

ヒトの幸福ホルモンで有名な「セロトニン」は、睡眠時に生成されるんですが、セロトニンの生成には「太陽の光を浴びる」事がかなり重要なんですね。(特に朝方浴びるといいそうです)

なので日照量の少ない梅雨は、太陽光を浴びる量が減る=必然的にセロトニンが生成されにくくなる=アガらない という事みたいですね。

でも実際梅雨は太陽出てないんだから、どうしよもなくね?

セロトニン君さぁ、もっと他に作られてくれないの?

幸福ホルモン「セロトニン」を生成するその他の要素

という事で、太陽光以外でセロトニンを生成する方法を調べてみた結果がこちら↓

【セロトニンが作られやすい要素】
・太陽光
・運動
・咀嚼
・グルーミング・スキンシップ
参考:セロトニンを増やすために。脳におけるセロトニン神経を活性化させるには | メディカルノート

おお、結構ありますね。

運動は「ジョギング程度の軽いリズム運動」でもセロトニン生成に効果があるとの事だそうです。

フムフム、僕は24時間使える「ファストジム」使っているので、仕事終わりに軽くジョギングして寝るといいかもしれない。激しすぎる運動だと興奮状態で眠れなくなるので、寝る前はNG。

咀嚼は意外でしたが、スルメとかよく噛んで食べればいいのかな?噛み応えのある食べ物をチョイスする他、普通によく噛んで食べるようにするとかですかね。

これはホルモン食べ放題いくしかないなー。

最後の「グルーミング・スキンシップ」はサルの毛づくろいをイメージすると分かりやすいですね。

スキンシップで皮膚を触りあう事でストレス解消に繋がるんだって。

パートナーがいない場合でもマッサージとかエステとかでも効果があるそうなので、久々にストレッチマッサージでもやってもらいに行こうかな。

その理屈だとジャグジーとか微炭酸バスとかでもいいのかな?

あとは生成するために睡眠時間はある程度確保するのは最低条件です。

セロトニンの生成には体内生成できない必須アミノ酸「トリプトファン」も必要=食事やサプリで摂取したい

脳内でセロトニンを生成する際に必要になるのが必須アミノ酸の「トリプトファン」だそうです。

トリプトファンは体内で生成できないアミノ酸なので、食事などで摂取するしか方法はありません。具体的にトリプトファン含有量が高い食材はこちら↓

トリプトファン

白米、玄米、パスタ、そば、鮭、カツオ、マグロ赤身、豚ロース、鶏むね肉、木綿豆腐、豆乳、牛乳、チーズ、ヨーグルトの乳製品

結構色々な食材にトリプトファン入っていますね。特に含有量が多かったのが赤字の魚と肉ですね。

特にカツオや赤身魚はライザップトレーナーの友人も激推しだったので、夕飯にスーパーとかで買って食べると色々と良さそうです。

セロトニンはストレスに弱い

あとはセロトニンはストレスに弱いという特徴もあります。

でも日常生活のストレスなんてどうしようもないですよね。

でも、セロトニン生成は睡眠時=寝る前にストレスが少なければいいので、寝る前に運動するのはストレス軽減もできるのでかなり有効です。

夕飯食べると眠くなるので、夕飯前に軽くジョギングするとか良さそうです。

横隔膜の上下でストレス解消!一人カラオケや過呼吸運動

ちなみにここ最近はストレスフリーな生活なのでありませんが、過去に僕が大きなストレスを感じた時にやっていたのが「一人カラオケ」です 笑

運動時の過呼吸(ハイパーベンチレーション)もそうですが、横隔膜を上下させるとストレスが軽減されるらしいので、結構利に叶ってるようです。

参考:『ストレス解消法~横隔膜呼吸法~』

別ページでも紹介しましたが、自分の中でもここ数年で一番アガった暗闇ボクシングはとんでもなくストレス発散効果(とダイエット効果)があったので超お勧めです↓

驚異の45分1,000kcal燃焼!噂の暗闇ボクシング『bモンスター』がヤバい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です